外壁塗装を修繕する方法

外壁を修理する方法としては塗装とサイディングの二通りに分けることが出来ます。



外壁塗装は読んで字の如し、外壁に塗装を施し、サイディングは外壁ボード材を取り換える作業となります。



最近ではサイディングが多くの住宅に見られ、外壁塗装の主流とも言えます。
どちらとも外壁をカバーすることで内部を守るといった役割は同じです。
安心して眠ることの出来る家の外壁は、時として暴風雨などの多種多様に変化する自然現象に幾年も吹きさらされていますが、リフォームするには一体どれくらいの劣化や不具合があるのか定期的に確認しておかないといけません。

修繕において適切な期間に外壁塗装をしておけば、家の構造を長持ちさせることが可能なのです。



家自体の寿命を延ばし、結果的に安上がりに済む場合も多々あります。我が家の景観というものも美しいに越したことはないでしょう。

家も私たちと同じように常に清潔でありたいと願っているはずです。


我が家の景観は、そこに住む人の顔と言っても過言ではありません。


自宅を訪れる人に良い印象も持たせることも必要です。剥がれやひび割れなどを発見した場合は、すぐさま修理が必要となることもあり、そのままにしておくことで後々さらに被害が拡大し困ることになるでしょう。
外壁には定期的なメンテナンスが絶対に必要だと言えます。


建て替えるほど費用がないという方にとってもお得なリフォームを提供している専門業者も多くあり、予算に合わせた費用内で外壁塗装のリフォームをお薦めします。



木造建築の一戸建ては、外壁塗装の仕上がり具合で、住宅としての寿命が大きく変化します。
紫外線に強い外壁塗装に仕上げてあると、建物の保護効果が高くなるだけでなく、塗装の塗膜そのものの保護効果も高くなります。



紫外線の影響で、塗装の塗膜は劣化しやすいからです。

塗膜の経年劣化の代表例が、チョークの粉のような粉末になってしまう現象です。
外壁を指で触ると、粉末が付着してくるので簡単に判別できます。

塗膜は紫外線の影響で、固くなってしまいます。



すぐにではなく経年劣化現象ですから、気づきにくいのが特徴です。



紫外線に対する耐久性が強い塗料を使用して外壁塗装を施工すれば、塗膜の経年劣化速度を遅くできます。

紫外線に強いかどうかは、UV効果で判断します。

工務店に問い合わせるときは、UV効果の得られる外壁塗装を依頼すると良いでしょう。

一戸建ての外壁すべてに使用するのではなく、日の当たる位置の外壁のみに限定しても良いでしょう。ただし注意したいのは、外壁の一面に対しては、同じ塗料だという点です。



東西南北それぞれを、違う塗料にすることはできますが、一つの面に対して使用する塗料は同じ塗料を使用するのが基本です。


日の当たる角度は季節で変化しますので、一年を通して直射日光が当たり続ける外壁面は必ずしも多くありません。夏に日の当たる外壁と、冬に日の当たる外壁と、季節によって紫外線の影響力も変化します。

地域に根ざして営業している工務店ならば、気候にも熟知しているので相談しやすいでしょう。

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more