外壁塗装を行う時に屋根塗装を併せて行う理由

住宅の外壁および屋根と言うのは1年中太陽の紫外線により劣化が進む場所です。

特に春から夏にかけての時期と言うのは紫外線の量が多くなるため、劣化速度も高くなりますし、夏場などは太陽の光により高温度に達します。

真夏の屋根の表面温度は80度以上とも言われており、人が屋根を触れば火傷するほどの高温度になるわけです。

一般的に外壁塗装は10年に一度、屋根塗装は8年に一度の割合で工事を行う事で、耐久性が無くなってしまった外壁や屋根をメンテナンスする事が出来ると言います。屋根塗装は8年となった場合、その2年後には外壁塗装を行う必要が在るのですが、これらはあくまでも目安であり、住宅の在る環境に応じて施工を行うタイミングも変わって来ます。

住宅の屋根や外壁などは、南側に在る面は劣化が進み、北側に在る面は南側よりも劣化の速度は低くなります。

記念日に鉄板焼きの口コミ情報を掲載しています。

そのため、外壁塗装や屋根塗装を行うタイミングと言うのは、建物の中でも最も紫外線が照射される南側を中心にして考える必要が在るのです。


所で、屋根塗装を行う時、もしくは外壁の塗装を行う時に、それぞれ異なる部分の塗装を併せて行う人が居ます。
屋根は8年ですので、屋根塗装を行う時には外壁は2年後に行えば良いのですが、屋根塗装と外壁塗装を同時に行う人が多いのです。
耐久性能は後2年と言っても、2年後には再び足場を組んでの工事が必要になるのですが、この足場と言うのは費用がかかるものですので、同時に塗装を行えば、足場の費用は1回分節約できると言うメリットが在るのです。
外壁塗装をする場合、前回の塗装からどのくらいの期間が経過した時が良いでしょうか。



これに関しては業者の説明やホームページなどでは10年以内と言われています。
ただ、塗装の種類によっても寿命が違うため、一概に何年とは言えません。

寿命の短いものでは10年以内の物もありますが、高い塗装では20年以上長持ちするので、一概に10年とは言えません。
平均的には15年から20年目ぐらいに一度塗装をしているようです。
では、気になる外壁塗装の費用はいくらぐらいかかるでしょうか。

最近何かと話題の東京の風呂のリフォームがどんなものかご存知ですか。

外壁の面積の広さや、その塗料の質によって変わってきます。この点につき、面積を求める方法がないわけではありません。



その家の床面積さえわかればおおよその面積を求めることが可能になります。

神奈川のリフォームに関する疑問が解決できます。

公式は、その建物の床面積×3.3×1.2になります。



この公式を当てはめれば、それぞれの住宅の外壁塗装にかかる費用がわかるようになります。
これにより、おおよその外壁塗装にかかる費用はわかりますが、より安くするためには、安い塗料を使うということも大事ですが、その会社選びも大事になります。


なぜなら、どこの会社に頼むかによってその費用が数万円単位で変わって来るからです。

例えば、リフォーム会社に塗装を依頼する場合には、実際に塗装をするのは外壁塗装業者ですので、中間マージンが発生します。

具体的には、下請け業者の紹介料や管理料ですが、その分余計に施主は支払いが増えます。

http://www.excite.co.jp/News/keywords/%E9%87%91%E3%81%AA%E3%82%8A/?_p=184

それよりは直接業者にお願いしたほうが良いでしょう。



関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more