外壁塗装を長持ちさせたいときは

外壁塗装リフォームを行った後は、出来るだけ美しい状態が長く続いてほしいものです。
しかし間違った業者選びをすると、思っていたよりも耐用年数が短くなってしまうので、信頼できる工務店に依頼することが大切です。
外壁塗装を長持ちさせたいときは、品質の良い、高級な塗料を使う必要があります。



低品質の塗料で外壁塗装を行うと、10年ももたないので、またすぐにリフォームを依頼せねばならず、お金のムダになってしまうからです。

工務店の中には、高級な油性塗料を使わず、経費を節約したり、少しでも作業時間を短縮させようとして、安くて短時間で塗れる、水性塗料を使うところもあるようです。


ゆえにどんな塗料を使うかは、事前にきちんと確認しておき、耐久性が高く、長持ちするタイプを選ぶことが大切です。



遮熱効果がある塗料を選べば、長持ちするだけでなく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるようになるので、塗料選びは工務店とよく話し合ってから決めるようにしましょう。



また工務店の中には、塗料の3度塗りをしないところがあるので注意が必要です。

外壁塗装の基本は塗料を定着させるため、下塗り、中塗り、上塗りと、3度塗ることなのですが、中には作業時間を短縮させるため、2度塗りで済ませるところも存在しています。



外壁塗装リフォームを行うときは、お客様の立場に立って考えてくれる業者を利用することが大事なので、出来るだけ口コミの評判の良いところを選んでください。
一戸建て住宅も築年数が経過すると、外壁に様々な問題点が出てきます。
色が剥げたり、よごれたり、ひび割れたりするのです。



これは人間の肌と同じで、歳とともに肌のピチピチ感がなくなり、シワができたりシミになったりするわけです。
人間の場合は、肌を新しいものに取り替えてもう一度生まれた時の肌にすることは今の技術では不可能になります。
せいぜい、老化しないように手入れをしたり、サプリメントを飲むくらいでしょう。この点、外壁は新たに塗装をすることで生まれ変わるのです。
外壁塗装をする場合の施主の一番の関心ごとは、どのくらいのお金がかかるのかという事ではないでしょうか。普通、外壁塗装をする場合には、安くても60万円ぐらいはします。



外壁塗装の塗料と工事費用だけで済むのであれば、そこまでの費用はかかりません。ところが、外壁塗装をする場合には足場が必要になります。

足場を組み立てるには、およそ15万円から20万円ほどの費用がかかります。


かといって、足場なしで塗装することは難しいことが多いのです。

では、できるだけ質を落とさずに安めに塗装をする場合にはどうしたらいいでしょうか。


これについては、屋根塗装も同時に行なってしまえばいいのです。



屋根塗装をする場合にも外壁を塗装塗装する場合と同じで足場が必要になります。



つまり、外壁の塗装と屋根の塗装を別々に行えば足場の組み立ては2倍の費用がかかりますが、同時に行う事で足場組み立て一回分の費用をうかす事ができるのです。

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more