後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。

それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。技術、経験、実績などが会社によって異なることはもちろん、同じ酒類の工事が会社によって料金が異なるということもあります。

そんな中で、どこの会社に塗装を依頼したほうがいいのか、素人ではなかなか判断しづらいものです。
では、こういう状況でどうやって工事会社を選んでいけばいいのでしょうか。
一つのポイントは、それぞれの業者の過去の施工事例をチェックしてみることです。


施工事例を見れば、その会社がこれまでどんな外壁塗装を行ってきたかが分かりますし、会社としての得意不得意も見えてきます。そして自分が依頼する工事にマッチするかどうかも分かってくるので、一つの目安としてまず施工事例をチェックしてみてください。

さらに、地域密着型かどうかという点もチェックしておくべきでしょう。

全ての例に当てはまるとは限りませんが、悪質業者に多いのは地元での営業歴が少ないことなので、地元での営業歴が長くて地域密着型の業者の中から選べば、悪質業者を避けることができます。
また地域での営業歴は信頼性のバロメーターにもなっているので、それを見ることで会社の信用度をチェックすることができます。技術力への目安として施工事例、信用性の目安として地域密着性を、それぞれ判断基準として用いてください。外壁塗装の大敵なのは天候です。
なぜなら、雨天の時には塗装の作業を行う事はできないからです。
職人さんが現場に来ているが、休憩時間を多くとっていると感じられるケースが多くあります。
しかし時間に余裕をもって塗装をする事によって仕上がりが大きく異なるケースがあります。事前作業の養生作業というのが大きな差になります。これはクーラーの室外機や窓ガラスのサッシなどの塗装しない部分に対して塗料が付着しないようにテープにて事前対処する作業になります。
これにより、カーポートに停車する自動車への塗料の付着など細心の注意をできる職人さんが腕の立つ職人さんだと言えます。ただ、窓ガラスを何日間もビニールで覆われていると窓ガラスを開ける事もできませんし、何日間も自宅の敷地に色々な人が出入りするのも気持ち良いものではありません。

しかし、施主つまりお客様の要望によって工期をできるだけ短くしたいという話がでて作業日数の短縮を図ってしまうと雨天時に作業を行うケースがあります。

他にも、外壁塗装で行う場合には、3回程度重ね塗りを行うのですが、塗料が乾ききる前に次の塗料を塗るケースが発生しています。これは、耐久年数にも影響がでますし、外壁を塗装した後の艶に関しても悪くなるケースがあります。このように外壁塗装にはお客様がお金を支払うのですが、お客様にとっても大きな負担にもなるケースがありますのでコミュニケーションをとってスムーズに行う事が重要です。

















関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more