外壁塗装の塗料は進歩しています

外壁塗装は、建物を美しく見せると同時に、建物を保護する役割をしています。外壁塗装をするのとしないのとでは、建物の耐用年数が大きく異なってくる可能性があるのです。


昔に比べて、外壁塗装に使用される塗料は進歩しています。


しかし、やはり、一定期間ごとに塗り替えが必要となります。


塗り替えは、古い塗料を落とし、乾いたところに新しい塗料を塗ります。
耐久性を増すために、通常は、何回か重ね塗りをします。
塗料は耐水性に優れ、雨などが染み込むのを防ぐ役割をしています。しかし、最近では、耐水性以外の機能を持つ塗料なども多く開発されています。


例えば、防汚性です。外壁は外に面しているため、ほこりなどがついて汚れます。そこで、汚れがつきにくい性質を持たせた塗料が開発されました。


汚れがついていつように見えても、水で簡単に洗い流すことができるなどの特性があります。

また、断熱性があるものなどもあります。断熱性があることで、冷房や暖房の効率を良くすることができます。

さらに、紫外線に強い製品などもあります。


塗料の色があせてしまう原因の一つが紫外線です。
色があせてしまうと、古びた印象になっていまいますが、紫外線をカットする効果がある塗料を使用すれば、色あせを抑えることが可能です。さらに、乾くと伸縮性に優れた製品などもあります。
これは、気温の差によって外壁が伸縮した時でも、それに対応できるようにしたもので、ひび割れなどが少なくなるのが特徴です。
使用する塗料は、業者によって異なります。希望するものがある場合、事前に業者に確認してみるようにします。家の外壁も塗ってから15年もすると防水機能が劣化したり、ひびが入ったりすることがあります。


また、太陽の当たらない北側ではカビが生えたり苔が生えたりすることもあります。

そして、指で外壁を触ってみて白い粉のようなものが付いたらそろそろ塗り替えなければなりません。
外壁塗装をする場合には、よい業者を選びたいものです。

ただ残念ながら外壁塗装業者の中にはあまり質が良くない業者がいることも知っておかなければなりません。
質が良くない業者とは、塗り方がいい加減、あるいは手抜きして塗るため塗装が2〜3年もするうちにはがれたりひび割れが出てきます(地震などによる自然災害が原因のひび割れは別です)。

そうなるとまた高いお金を出して塗り替えをしなければなりません。


質のいい業者を選ぶには口コミや評判を聞くのが一番間違いのないところです。インターネットの口コミサイトなどではそのような情報も少なからず載っています。

ただし、同じインターネットでも業者のホームページは良い情報が多く載っていますが、不利な情報は載せていないことに注意をする必要があります。

もう一つの質の悪い業者と言えるのは、余分に金銭を請求する外壁塗装業者です。例えば最初に少額請求しておき、追加で塗装が必要になったと言い再び請求をして最終的には適正価格よりもはるかに高くなってしまう場合があります。

このパターンは見積もりか契約の段階で、追加請求はしない旨確認をしておくことで追加請求を防ぐことができますし、適正価格を調べておくことで怪しい業者を最初から排除することは可能です。

神奈川でリノベーションの関連情報がご覧になれます。

フロアコーティングの評判が高いです。

初めてでもわかりやすい、岐阜で新築一戸建てに関するアドバイスです。

お手軽に東京の浴室のリフォーム関連のノウハウを解説します。

遮熱塗料の窓についての情報です。

http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0605/49029.html

http://top.tsite.jp/news/interior/o/30648482/

http://matome.naver.jp/odai/2132533850422876101

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more