外壁塗装に関する豆知識

外壁塗装で工夫することによって、住宅などの建物を長持ちさせることができるようになります。

海外の住宅で築年数がかなり古いものが多いものですが、これは外断熱によって建物全体を守っていることと関係があります。

一方で日本の住宅はほとんどが内断熱となります。
これは外断熱の場合はコストがかかることが理由となります。
そこで断熱性の高い外壁塗装を行うことによって、外断熱の効果を得ることを活用することになります。
それと同時に防水性も高めることで、雨漏りを防ぐものとなります。


建物にとって雨漏りは大敵となります。


躯体のコンクリートを劣化させることにもなりますし、内部に水が入り込むと湿気が抜けなくなります。その結果カビが発生するようになるのです。

一度発生したカビはなかなか根絶することができないので、壁紙を全て替えるなどの費用が必要となります。


そのために外壁塗装の塗料は常に進化を続けているわけです。

中でも課題となるのが、紫外線対策です。塗料というものは、紫外線を受けることによって劣化が進みヒビが入るようになります。
その亀裂から雨水が入り込むことで雨漏りを起こすことになります。

少しでも塗装を長持ちさせて、塗り直しのサイクルを長くすることが必要となります。
そしてそのような高性能な塗料で塗装作業を行うためには、高い技術も必要となります。そのために塗料メーカーでは講習を行い、技術を習得してからでないと扱えない塗料もあるほどとなります。


外壁塗装について知っておきたいこととはどのようなことでしょうか。


まず、外壁の塗装をする時には、ある程度のお金を用意しておくことが重要です。
家の外壁の面積にもよりますが、塗装をする場合には最低でも50万円はかかるとみておくべきです。

50万円のお金を出してもなお生活に余裕があればいいですが、もしそうでなければ家を購入した時から定期的にリフォーム代の一つとして外壁塗装代を貯めておくことが大事になります。もし、すでに家を購入した、あるいは家を建てて数年が経ってしまった場合であっても今からでも毎月貯めておくべきです。

では、自分の住んでいる家の外壁の面積を知るにはどうしたらいいでしょうか。


よく、外壁塗装業者のホームページを見ると、1平方メートル(1坪)当たりいくらという感じで費用が載っていることがあります。確かに明確に数値化しているのでわかりやすいと言えばわかりやすいのですが、自分の家の外壁はどのくらいの面積があるのかを知っているかというとほとんどの人は知らないのではないでしょうか。
実は、外壁の面積を求めるためにはある公式を知っている必要があります。

それは、「その家の総床面積×3.3×1.2=外壁の面積」になります。
これを知ることで業者が出した見積もりの額と大きな隔たりがある場合は自分が計算を間違えているか、業者の方で余分に費用を取ろうとしている可能性があります。

ただ、塗装には足場組立代(10万円から20万円ぐらい)もありますので、それが業者のホームページで提示する1平方メートル当たりの費用に含まれているかどうかも確認しておくことを忘れないようにしてください。

千葉の外壁塗装の情報をご説明します。

最近の神奈川のエコカラットの情報はここで調べよう。

神奈川でリノベーションの喜びの声を頂いています。

千葉の住宅リフォームについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

建設会社の便利な情報を集めたサイトです。

http://matome.naver.jp/m/odai/2147521064013416701/2147521675420531803

https://4meee.com/articles/view/988785

http://girlschannel.net/topics/374485/

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more