外壁塗装の役割について

住宅などの外壁塗装に求められる性能としては、まず断熱性能があります。

これは省エネ性能の向上に役立つものとなりますが、室内を外気の影響を受けにくくすることにより、冷暖房効果を高めるものとなります。

その結果、光熱費を抑えることで毎月のランニングコストを削減することにつながるものとなります。

そして冬場には窓の結露も少なくなることにより、カビの発生も抑えることにつながります。


これは外壁塗装を厚めに塗装することでも効果を得ることができます。


ただしその場合には、腕の良い職人による施工が必要となります。

経験豊富な職人でなければ塗料を薄めなければ上手く塗れないといったケースが多く見られるものです。
そして塗料を薄めてしまうと、厚く塗ることはできなくなります。
そして塗料の性能を高めるものとして、紫外線予防があります。


多くの塗料は太陽の紫外線を受けることによって塗装が固まり始めて、やがて細かなヒビが入るようになります。
この亀裂から雨水が入り込むことにより、躯体のコンクリートを傷めることになります。


そのために紫外線による劣化を極力遅らせることによって、外壁塗装の塗り直しサイクルを長くすることにつながるわけです。
ただし外壁塗装はいずれは劣化していくものなので、その耐用年数を把握した上で、適切な時期に塗装を塗り直すことが必要となります。
面倒だからと放置してしまうと、建物を傷めることにつながりますし、その補修にかなりの金額を必要とするようになります。
外壁は常に雨風や紫外線などの厳しい環境にさらされていますから、新築で家を建てた場合でも、10年に1度の塗替えが目安になります。

外壁塗装に使っている塗料によって耐久性は異なりますが、10年に1度くらいは外壁塗装業者に点検をしてもらい、傷んだ部分は補修をする必要があります。
すぐに塗り替える必要がないと判断された場合でも、定期的に点検をしていれば大掛かりな補修をする必要がなくなりますから、結果として修繕費用の軽減につながります。
業者に点検してもらわなくても、外壁を見ることである程度、塗り替え時期を判断することができます。
その1つが、外壁の色が薄くなっていないかどうかです。外壁塗装の塗膜が剥がれると、艶がなくなって塗料の色が薄くなって見えます。

塗膜が剥がれると撥水性も弱まり、汚れが付きやすくなります。

家は湿気に弱いですから、撥水性がなくなった外壁は雨水がしみ込みやすくなるので外壁塗装が必要になります。また。
外壁を触ることで、手にチョークのような白い粉がついた場合も塗り替え時期にきています。

白亜化現象とも呼ばれるチョーキングは、塗装面が紫外線や熱、水分などによって劣化することで塗料の中に含まれる顔料がチョークのような粉状になって消耗していく現象です。

チョーキングが起こると防水性が悪くなり、外壁が水分を吸収して変色して家の美観を損ねてしまうことが起きてしまいます。塗膜が劣化しているサインでもありますから、チョーキングが確認できた場合は早めに外壁塗装を行いましょう。

アンテナ工事の費用の最新情報が知りたい方にはこちらです。

詳しく知りたい横浜のリノベーション費用の知識が一目瞭然です。

バルコニータイルについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

宮城でトイレ交換サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

千葉のシロアリの情報なら当サイトにお任せ下さい。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU20160204105384

http://www.excite.co.jp/News/keywords/%E5%B0%8F%E6%A0%97%E6%AD%A3%E7%BE%8E/

http://girlschannel.net/topics/374485/

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more