外壁塗装の初期の作業工程

古くなった家の外壁を見栄え良くしたいと思われるかもしれません。

外壁塗装というと、業者に依頼することを思いつくことでしょう。
確かに業者に頼むことには多くのメリットがあります。


しかしながら、できるだけ費用を安くしたいのであれば、外壁塗装を自分で行なうということができます。

では、どのように外壁塗装を自分で行なうことができるのでしょうか。

その手順ですが、まず最初に必要なのが外壁を水洗いすることです。


壁には、汚れやカビが付着しいます。

できるなら高圧洗浄機を使った方が汚れをきれいに落とすことができます。

しかし、高圧洗浄機がないならば、ホースを使い水を流しながらブラシで落としていくようにします。

そして十分に乾燥させてから次の作業に入ります。

次に必要なことは養生です。

ペンキが飛び跳ねると困る部分に養生をしていきます。

養生は普通のビニールでも行なうことができますが、楽なのは養生専用のビニールを使うことです。


これはホームセンターなどで手に入ります。
養生テープもいろいろな大きさがありますのでいくつか揃えとくと便利といえるでしょう。

中には新聞紙で代用する人もいます。
しかし新聞紙の場合、風が吹くと飛んだり、また破けたりしますので、あまり良い養生とは言えません。


この養生は思ったよりも面倒な作業となります。
しかし、キレイに仕上げるためにはとても大切な作業といえます。
これをきちんとやるかやらないかでかなり大きな差が出ます。
ですので、しっかりと丁寧に行うようにいたしましょう。

外壁塗装は一戸建て住宅を守るために重要な要素です。木造建築の一戸建ては、塗膜の性能も重要です。
塗膜は塗料の違いが反映されます。防汚染タイプと呼ばれる外壁塗装は、塗膜に汚れが付着しにくく仕上がるのが特徴です。
防汚染は、通行量の多い国道や幹線道路などの沿道に建築されている一戸建ての外壁塗装に最適です。

排気ガスや粉塵から一戸建てを守ってくれます。
防汚染の特徴は、耐久性だけが良いのではなく、汚れや汚染の原因となる物質の粒子に対して、清掃作用が働くことです。防汚染タイプの塗料の代表がウレタン塗装です。


ウレタン塗装は一般的に耐久年数が短い傾向にあります。

耐久年数が短いものの、低予算で再塗装することができるため、定期メンテナンスと併せれば、住宅保護効果は高くなります。

ウレタン塗装を施工すると、塗膜に強固な固さが備わります。

ポリウレタン合成樹脂と硬化剤の組み合わせがポイントであり、混合比率によって効果も変化してきます。


効果の変化は、柔軟な対応と微調整にメリットとなります。

工務店に相談するときは、排気ガスに対する耐久性と、汚れの原因物質の付着しやすさがポイントです。
付着しやすさとは、経年劣化で大きくなってしまいますので、塗膜が劣化してしまう前に再塗装リフォームできれば、防汚染の効果を維持しやすくなります。

排気ガスなどの大気中の汚れは、塗膜に付着し続けてしまうと、さらに付着しやすくなるサイクルが生まれてしまいます。

防汚染に優れた外壁塗装は、ポリウレタン合成樹脂と硬化剤の組み合わせに注目し、工務店に適切に配合してもらいながら施工してもらいましょう。



様々な東京のエコカラット業者の情報を公開しています。

鉄板焼きとワインを手軽に利用してみませんか?



神奈川のシロアリ情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

http://okwave.jp/qa/q7797318.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8270992.html

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU20160204105384

関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more