外壁塗装の塗料の色選びのコツについて

外壁塗装では誰もが悩む事が在ります。


それはどのような色を使って外壁を塗り替えていくかです。
外壁の色を決めるのは決して容易な事ではありません。塗装をした後、その色が気に入らない場合、利用した塗料の色と10年前後付き合って行かなければなりません。


色が地味であれば地味な印象の家になりますし、派手系の色に仕上がってしまえば、周辺の家からの目線も気になってしまいます。一般的に外壁塗装の塗料の色と言うのは、業者さんが持ってくる色のサンプルを利用して決める事になります。

この色のサンプルは小さなサイズになっているもので、狭い面積で見た時の色と、外壁のように広い面積で見た時の色のニュアンスは異なります。


サンプルで見た時に丁度よくても、外壁に利用したら地味になってしまったと言う事はよくある話なのです。


逆に、サンプルで見た時に丁度よく、塗装後に外壁を見たら派手になると言うケースは少ないのです。そこで外壁塗装を行う時の塗料の色と言うのは、サンプルで見た時の色よりも濃い目の物を利用する事で好みの色にすることが出来るコツだと言われているのです。
これは人間の目の錯覚を利用した方法でもあり、濃い目の色を選ぶ事で施工主が希望する色に近い状態に仕上がると言う事なのです。


また、色のサンプルを見る時は蛍光灯の下で見るのでなく、外壁に押し当てて色のニュアンスを比較しながら塗装に利用する塗料の色選びを行う事がコツだと言われています。外壁塗装というものを知っている人より、知らない人のほうが多いと言えます。
外壁修繕の方法としては塗装とサイディングに分けることが出来ます。

外壁塗装は外の壁を塗装する方法で、サイディングはボード状の外壁材を張替える作業になります。

どちらにしても外壁にバリアをかけて内部を守るという重要な役割があるのです。落ち着いて休むための家の外壁は、雨や風など、多様に変化する気候に何十年もの間、さらされています。
こうして考えるとリフォームするタイミングをしっかり見積もることが大事だと言えるでしょう。

適切な期間に外壁塗装行うことで、住宅の寿命を延ばすことが可能です。

内部構造の傷みを軽減することは勿論ですが、外目からの景観もそれなりになければなりません。


外装は家にとって私たちが身につけている洋服のようなものだとイメージすると分かり易いかもしれません。
自分の帰る家が見えた時、美しい外観なら尚更、愛着も持てますし友人や知人を招く時も気にすることもありません。
外壁は様々な原因で日々、損傷を起こしている可能性があるので、剥がれなどが確認出来た場合は、早急に修繕業務を依頼しておかないと後々困ることになるでしょう。
常に厳しい環境におかれている外壁は定期的なメンテナンスを怠ることは厳禁なのです。
建て替えるよりずっとお得なリフォームですが、なるべく費用をかけずに済ませたいところでしょう。

アクリル系やウレタン系塗料なら費用を安く済ませることが出来ます。
シリコン系やフッ素系塗料においては耐久性がぐんと増します。費用にどれくらいかけるのかで、外壁塗装のリフォームが決まります。

リフォーム業者を探す際には、価格、耐久性、景観等を総合的に考えてみることが重要です。

















関連リンク

後悔しない外壁塗装業者の選び方

すでに時期的に外壁塗装をしなければならないが、なかなか工事に踏み切ることができないという方もいらっしゃいます。それはなぜかといえば、外壁塗装を行う会社の数も種類も多すぎて、どこに依頼したらいいか分からないからです。...

more

外壁塗装の塗料の違いとは

外壁塗装で使用する塗料には違いがあるので、グレードが高いものを選べば、耐用年数が上がりますが、費用も掛かるので、よく考えて決めるようにしてください。アクリル塗料やウレタン塗料のようなグレードが低い塗料は、10年も持たないほど耐用年数が低いため、何度も塗り直す手間を考えるなら、使用しない方が良いでしょう。...

more