TOP > 留学経験を無駄にしないために

留学経験を無駄にしないために

留学経験がある人にきいた後悔をお話します。


第一にあげられる失敗としては現地で日本人とばかり行動を共にしたというものが挙げられるのではないでしょうか。どこの土地に行っても日本人が存在しているのが現実。



最初は頑張って現地の人と英語でコミュニケーションを取ろうとしますが、相手の気持ちを読み切れない自分に心が折れ、日本人同士での気楽な会話にのめりこんでしまうのです。


そうならない対策として、あらかじめ質問を用意して会話に備える。ということをお薦めします。

なぜかというと、会話が続かない悩みを抱えている人がいるとしたら準備しておけばいいのです。


英語を勉強するためには、たくさん会話をする事が近道です。


最初は他愛のない話から始まった会話をより有意義なものにするには、自分というものを分かってもらうのがベスト。

得意な分野なら相手を巻き込んで話す事は容易に出来ます。
日本人は自分のことを分かってもらうのが苦手なので、そこから始めるとスムーズにいきます。

そして、会話が一段落したところで、用意しておいた質問をぶつけてみます。



そこで会話が続かなかったとしてもその答えが別の人との会話の経験値として、誰々はこう言ってたよなどの会話につながります。
留学をすれば英語が話せるようになるわけではなく、その国で、いかに色々な経験を積んだかにかかってきます。



留学先の授業でわからないことは現地の人に聞きましょう、一人で調べることは日本でも出来ます。

Copyright (C) 2016 留学経験を無駄にしないために All Rights Reserved.